2014年01月15日

都知事選の脱原発一本化に関して

 細川護熙さんの東京都知事選立候補が現実味を帯びてきて、賛否さまざまな声が上がっています。最も大きな声は票割れを懸念する声です。緑茶会を含め、多くの方が脱原発候補の一本化をはかるべく動いています。緑茶会でも、細川さんの選挙の重鎮とあってお話をしました。それを踏まえて言うと、現段階で「候補一本化は難しい」、そして同時に「一本化はしない方が良い」という結論です。

 「一本化しない方が良い」と考える最も大きい理由は、宇都宮さんと細川さんのどちらかに一本化すると、失う票があまりに大きすぎるということです。

 理由はこうです。
 脱原発を求める層は大きく言ってふたつに分けることができます。仮に「保守系」と「左派系」とでも名付けましょう(便宜的な名前です、気を悪くされた方がいたらごめんなさい)。「左派系」は「脱原発を全面にかかげ、デモやアクションを積極的に行っている層」です。一方で「保守系」は、「はっきりした脱原発運動には距離をおいているが、原発には反対」と考えている層で、実はこの「保守系」のほうが、「左派系」より圧倒的に数が多い。
 これまでは、この「保守系脱原発」層の投票先がなかったのです。しかし今、細川さんがその受け皿となろうとしています。この層は、脱原発を希望していても、細川さんが出馬しなければ、宇都宮さんではなく舛添さんに投票したり棄権する可能性が高い層でもあります。

 いま安倍首相を中心に自民党が必死にやろうとしているのは、原発や福島の問題を政策の主要テーマから外すことです。国会の審議に上げず、マスコミで取扱わせず、選挙の争点にもさせない。
 「左派系脱原発はいろいろ言っていても、放っておけばいい、保守系脱原発の受け皿はないから、脱原発は多数派にはなり得ない」
 とたかをくくっていたのです。
 細川さんの「脱原発」での立候補宣言は、これを真正面から切り崩すものでした。

 したがって細川さんに「左派系脱原発」がなだれ込むと、「保守系脱原発」層は敬遠し、せっかくの細川さん立候補の趣旨が薄れる可能性があるのです。そのため、宇都宮氏は「左派系脱原発」層の受け皿として、別に旗印をかかげ続ける方が良いというのが、緑茶会の考えです。

 今われわれに必要なことは、一本化ではなく、「脱原発票の最大化」だと思います。

 緑茶会はこれまで通り宇都宮けんじさんの応援を続けます。宇都宮さんは細川さんと違って知名度が低いので、まずは名前を広めることが重要です。いま、緑茶会で十万部の「宇都宮けんじ応援ハガキ」を作り、日本全国から都内の有権者に向けての投函を呼びかけています。前回の都知事選で宇都宮さんが得票した約100万票の基礎票にあと70万票上乗せできれば、当選ラインが見えてきます。

 一方で、細川さんの選挙を応援する市民もいていいと思います。細川さんは知名度こそ抜群ですが、どこの政党や団体の支援も受けないということなので、こちらも市民のサポートが必要です。きちんとした選挙活動ができれば、細川さんには舛添さんを上回る票が入るでしょう。

 私たちの力で、脱原発の宇都宮さんと細川さんが、1位と2位を競り合う選挙にしましょう。
 そのためには、両者がいがみ合わないこと、エールを送りあうこと、誰もが気持ちがよかったねという清々しい選挙にすることが欠かせません。批判し合うことで互いの票が減って行くようなことは何としてでも避けなければなりません。「脱原発」という大きな目的の実現にむけた協働として行きましょう!
posted by 脱原発政治連盟・緑茶会 at 00:00| Comment(17) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍独善政権の認識が甘い。勝つためには何でもする、勝ってしまえばさらに何でもする、幕末の薩長の平成版安倍長州政権です。この1年何をしてきたか。
100万票が基礎票などというのは頓珍漢な話。石原亜流の猪瀬など底が見えていて、ちょっとしたリベラル感覚のある者なら誰も投票しない、棄権回避だけの事。
違う者同士の唯一の橋頭保が脱原発ならどう行動すべきなのか
さらに共通点はないのか、妥協できる相違点は。向こうから来なければこちらから声をかけ、政策等を話し合えばいい。一人女性を担いで三人で正副候補で舛添と戦うという手もある。
宇都宮・細川で1・2位を競うなんて、どこにそんな論理的根拠があるのか。
自公の基礎票、舛添の個人的力、どう客観的に見てるか。
それとも神風が吹いたりや特攻隊精神で何とかなるのか。
安全を保障されたグランドで野球をやっているのではない、おかしな予定調和を並べる前に、次回以降の選挙の一里塚となるよう歴史的な行動を。
今、共産党に投票しても野合ではない、同様に一部保守に投じても野合ではない。
真の敵を見定めていれば、為にする論は俗論と退ければいい。
勝てばかったでかつての鳩山政権のように大変なのは、明々白々なのだから。
Posted by 林 敏夫 at 2014年01月15日 14:53
私も政策&人物として宇都宮さんはベストだと思いますが、勝てない候補は応援はしないのが緑茶会ではなかったのでしょうか。

細川、宇都宮で1位2位独占で脱原発票の最大化??何という脳天気な楽観主義。緑茶会の活動は支持していますが、これではオママゴト。失望してしまいます。もう少し危機感を持ってこの選挙に臨んでは如何でしょうか。

東京都民の中にはそりゃぁ見識が深い方も多いでしょうが、その都民があのファシストにしてレイシスト、利権の塊の石原糞爺を選ぶんですから。いかにマスメディア依存のB層が多いか、理解すべきです。
ましてや、舛添氏は優先順位は低くとも『私も脱原発』と言っています。つまりB層の段階的脱原発票は脱原発モドキの舛添氏に流れる公算が高いということです。

現状、小泉細川陣営は、共産アレルギーのB層の票が舛添氏に流れるのを怖れて、宇都宮氏と『なれ合った形』での一本化は避けたいでしょう。私は宇都宮氏とその支持者に、勝手に『名誉ある撤退』をすることを望みます。

何故なら、前回、前々回の票の行方から推測すると、宇都宮氏を支える左翼リベラル票では保守B層票に到底及ばないからです。細川氏が立たなくても舛添氏にトリプルスコアで負けます。細川氏と舛添氏が保守B層票を分けたとしても、宇都宮氏の左翼リベラル票の半分は細川氏に流れます。私の予想では、1:4:4。

国政選挙が当面無い中、イノブタの敵失で得た千載一遇の『脱原発争点化』のチャンスです。政局の天才、小泉氏が保守B層を刺激します。もともと脱原発で勝てる候補を推薦するのが緑茶会の方針だったはず。ここ涙を飲んで、『必勝』を期して細川支持に回るべきです。

細川宇都宮両氏が共倒れになれば、安倍政権はそれを持って原発維持政策が民意を得たとし、必ずこの春にも原発再稼働を決行します。ロマンチックな幻想は捨てて、『損切り』に転じて下さい。
Posted by 水口健司 at 2014年01月16日 02:35
結果大差はないとも考えられます。いずれにせよとにかく脱原発票の掘り起こしが重要であり、結果両者足せば勝っていたのにぃ〜という結果が出たとしても、それはそれぞれの陣営が票を掘り起こしたからであり、仮に一本化していた場合双方の票をたした数だけの得票が得られたかどうかは別問題です。従って後で非難合戦が起きること自体が相手の思う壺でして、そのことも考えた上で、双方選挙運動をするのが良いかと思います。
ただし、肝心の選挙運動自体が、急な選挙で準備不足なのが原因なのだとも思いますが、いまいち低調なように私には感じられます。「一本化論争」に熱心な方は多いのですが、選挙運動そのものにはネットで判断する限りあまり熱気が感じられません。おそらくこの間の各種選挙の連続で「選挙疲れ」されている方が結構多いようにも感じられます。
Posted by 安原 荘一 at 2014年01月17日 00:59
緑茶会は「脱原発」候補を当選させる気持ちはないようですね。
Posted by 杉村良治 at 2014年01月17日 07:23
水口さんに賛成です。
Posted by 竹谷純一郎 at 2014年01月17日 09:06
 今の時点で、一本化はぼくも反対です。
 いくつか理由があります。
 第一に、今回の都知事選挙は、脱原発だけが争点ではないということです。宇都宮さんは、福祉や労働などの問題についても、政策がありますが、現時点では細川さんからは脱原発以外の話は出ていません。今の段階で一本化するということは、脱原発以外の政策では、不戦敗ということになってしまいます。
 第二に、脱原発だけが争点とされることについては、都民としては、代理戦争をさせられているような気持ちです。4年間の生活がかかっている選挙なのです。
 第三に、細川さんの立候補は、たくさんの人が小泉劇場で踊っているようなものだと思うのです。小泉劇場そのものを、批判したいと思っています。かつての郵政民営化の総選挙のとき、本質的な争点は郵政民営化ではなかったと思います。その後の4年間に、さまざまなことがありましたが(教育基本法の改悪とか)、有権者は白紙委任していました。細川さんに、その他の政策を白紙委任できないのです。
 それから、宇都宮さんに立候補の辞退を求めるような声もありますが、そうした行動というのは、民主主義以前の問題だと思うのです。それは、脱原発以上に問題あることではないでしょうか。
 第四に、異論はあると思うのですが、原発政策はどこかで行き詰ります。すでにゾンビ政策なんだと思っています。ゾンビは、この先、次の国政選挙で引導を渡してもいいと思うのです。安倍政権を止めるのは、原発だけじゃないと思います。昨年末は、秘密保護法であれだけみんな反対したのに、なおメインは脱原発なのでしょうか。
 こうしたことを考えると、今回の都知事選には、違和感があるのです。
 できれば、脱原発だけではなく、さまざまな課題で、宇都宮さんが当選できるように連携していくのがベストだとは思うのですが。竹村さんの言うように、それでは保守的な脱原発の人は支持しないかもしれませんけれども。
Posted by 本橋恵一 at 2014年01月17日 10:19
私はどちらかと言えば脱原発に熱心な人間だと思いますし、今回の都知事選(埼玉在住なので無関係ですが…)であれば、本来は宇都宮氏に投票するタイプの人間です。
そう前置きしたうえで一言いわせていただきます。

かつて、金曜日の首相官邸前に「脱原発」の声を挙げて抗議に訪れた十万とも言われる人達が、月日を追うごとに減り今では数百人です。
これが何を物語っているのか?
「何となく脱原発を支持する人達」の気持ちは短時間で冷めてしまうということです。そして、折角掘り起こすことができた「脱原発」の関心は、それを少しずつでも結果へと導いていく受皿が無くては減退していってしまう、ということです。

例えばそれは、今回の都知事選で仮に宇都宮氏と細川氏が共倒れしてしまい、それでも脱原発票の掘り起こしが出来たとしても同じことです。(立て続けに国政選挙が行われるタイミングなら、まだ意味もあるでしょうが…) 掘り起こした票は、やがて訪れるであろう次期選挙の場で「脱原発」の一票に結びつくように盛り立てて行く力が無ければ意味が無いのです。

都知事がどこまで「脱原発」に力を及ぼせるかは未知数ですが、現政権下の強引な政策によって増々脱原発が困難になって行くことは目に見えています。

本当に都政のことを考えたら宇都宮氏が妥当であるとは思いますし、細川氏がどこまで「脱原発」に尽力してくれるのか懐疑的でもありますが、やはり今ある選択肢を最大限に活かすなら細川氏へ一本化すべきでは無いでしょうか。
おそらくチャンスは、そう何度も訪れないと思います。多少の犠牲を払ってでも確実に賢く「結果」を残す方法を望みます。
Posted by ヒデト at 2014年01月17日 11:06
「宇都宮けんじでは勝てないから細川に一本化せよ」そんな敗北主義的な発想ではいつまでたっても社会変革なんてできない。細川なんて、革新政党や市民団体及び社会運動団体が地道に取り組んできた脱原発運動に便乗して「脱原発」を叫んでいるだけの存在です。そもそも政策発表を何度も延期して提示もしない細川に何を託そうというのか?脱原発以外にアピールできる政策が何もない細川に期待している所謂「リベラル派」の人たちの見識を疑います。
Posted by イト at 2014年01月18日 01:17
一本化賛成派は初めから、選挙運動を放棄している。ただ安部政権に取り込まれている大手メディアの宣伝に不和雷同している芯のない人です。

しっかりした政策を掲げ立候補した、これまでもサラ金被害者に寄り添いサラ金業者に果敢に体を張って向かっていった、また地下鉄サリン事件の被害者の、貧困問題に取り組んできた実行力のある宇都宮健児は、こんな地味なことを黙々と、淡々とやり通してきた人です。

知名度が低いのは、行動があまりに崇高な宇都宮健児弁護士が、金で、権力で「誰かに」取り込まれている大手メディアにとっては、自分たちの低次元で腹黒さが際立ちすぎて、マスコミで取り上げることは大手メディアの命取りになるから、宇都宮健児を無視しているわけです。

ですから、私たちが市民運動を通して宇都宮健児を市民に知らしめるためには、この都知事選はとてもよい機会です。それを高みの見物で、宇都宮健児に細川に合流せよだの、勝てる人に投票するだのとふたを開けてみてから出なければ分からないことを言ったりと、いったい普段民主主義を標榜している人間が言うことですか。

普段政治的意識も低いノンポリで生活している人がほざくのなら、仕方がないなと、溜息をつくこともできますが、政治的意識も持ちおそらく少しは市民運動に手を染めている人がこんなことをいいですとは本当にがっかりで、許しがたいです。反省してください。

Posted by Saito 2014年01月19日
Posted by saito noriko at 2014年01月19日 10:22
一本化賛成派は初めから、選挙運動を放棄している。ただ安部政権に取り込まれている大手メディアの宣伝に不和雷同している芯のない人です。

しっかりした政策を掲げ立候補した、これまでもサラ金被害者に寄り添いサラ金業者に果敢に体を張って向かっていった、また地下鉄サリン事件の被害者の、貧困問題に取り組んできた実行力のある宇都宮健児は、こんな地味なことを黙々と、淡々とやり通してきた人です。

知名度が低いのは、行動があまりに崇高な宇都宮健児弁護士が、金で、権力で「誰かに」取り込まれている大手メディアにとっては、マスコミで取り上げることは自分たちの命取りになるから、宇都宮健児を無視しているわけです。

ですから、私たちが市民運動を通して宇都宮健児を市民に知らしめるためには、この都知事選はとてもよい機会です。それを高みの見物で、宇都宮健児に細川に合流せよだの、勝てる人に投票するだのとふたを開けてみてから出なければ分からないことを言ったりと、いったい普段民主主義を標榜している人間が言うことですか。

普段政治的意識も低いノンポリで生活している人がほざくのなら、仕方がないなと、溜息をつくこともできますが、政治的意識も持ちおそらく少しは市民運動に手を染めている人がこんなことをいいですとは本当にがっかりで、許しがたいです。反省してください。

Posted by Saito 2014年01月19日
Posted by saito noriko at 2014年01月19日 10:24
細川氏への一本化は敗北主義ですか?そうかもしれませんね(笑。

ただ、選挙とは結局、多数の意見を集約する為のシステムですから『妥協』を生み出す仕組みとも言えます。『最善(=宇都宮さん)を選ぶ制度』ではなく、妥協して『最悪(=舛添)を避ける制度』なんだと理解しなければ、『最悪の結果(=再稼働&原発ベース電源化)』を招くこともあるかと思います。

私も、強い口調で細川一本化を主張しましたが、一本化の議論が脱原発派同志の修復不能なほどの誹謗中傷合戦になることはたいへん不本意であり、言葉使いには気をつけようと反省しました。一本化の議論が分断に繋がるくらいならしないほうがマシと思います。

その上で・・・
小泉氏は格差を拡大したネオコンだから信用できないというお話がありますが、私は逆にだからこそ期待しています。

小泉氏は郵政民営化で郵便貯金を1千万に制限、余剰を銀行や株に流し、国の隠れ借金先になっている財政投融資の財源を断ち、民間企業に回し、非正規雇用を拡大し、企業を優遇し日本を格差社会、競争社会にしました。つまり彼が安穏とした独占形態の電力会社に資本原理を持ち込もうとしていても矛盾はありません。小泉氏がネオコンで米国追従反共産である事は事実です。でもだからこそ期待できる。彼は日本国内の肥大化した公機能に切り込む「小さな政府」論者です。政府と原発ムラと電力業界の癒着は腐敗し肥大化した公機能の最たるものです。郵政民営化の時は的外れだったかもしれませんが、今回は正しいネオコンの矛先ではないでしょうか。

細川氏が宇都宮氏との政策協議に応じないのは、決して軽んじているわけでは無く、小泉氏の『反共』という側面と相性が悪いからだと思います。彼はボンボンの殿様で、信頼できる家老がいなければ頼りない存在ですが、それ故に担ぐ者がそれぞれの意思を反映できると考え、『御輿』になりやすい人です。それが7党も相乗りした細川連立政権ができた理由では無いでしょうか。あの時の家老は小沢氏と武村氏でしたね。両家老の相性の悪さで潰れました。だから、今回の家老=小泉氏との相性には慎重なのだと思います。

政策発表が遅れていますが、毎日新聞によるとギリギリ21日に『再稼働なしの原発即ゼロ』を打ち出すとの観測です。発表が遅れているのは、さまざまな憶測で人々の関心を誘っておいて、判りやすくインパクトのある政策を発表し、一気に政策を浸透させる(小泉氏の?)選挙戦術だと私は解釈しています。

『再稼働なしの原発即ゼロ』は私にとっても細川氏一本化の最低条件ですが、ネオコン小泉氏がバックにいますので、他の政策では満点はあり得ず、どの程度まで『我慢がつくか』というところだろうと思います。ワンイシュー主義の小泉氏が他の事に口を出さず、細川氏の柔らかさが緩和してくれていることを期待したいと考えていますが、期待値では無く、一本化の議論は細川氏の政策発表を待って行った方がいいのではないか、と今は考えています。

長文失礼しました。
Posted by 水口健司 at 2014年01月19日 11:17
なんともナイーブな人がいるものです。

細川さんと小泉さんは政治家としてなにをした人ですか?

細川さんは現在の衆議院の選挙制度を作った人物です(12年衆院選で小選挙区に出馬した自民党候補は、300選挙区の有効投票総数のうち43%の票で獲得議席数237議席=300議席の79%獲得。民主党は総得票率が22.8%で、300議席の9%の27議席のみ獲得)。

小泉さんのことはごちゃごちゃいうまでもないですよね。

彼らが前非を悔い改めて宇都宮さんに協力を要請したというのならともかく、ただ
脱原発をいっているからって宇都宮さんに出馬自体を迫るっておかしくないですか?

最低限、細川・小泉陣営が安倍政権を糾弾しない限り、宇都宮さんが辞退するゆえんはありません、
Posted by けばぶ at 2014年01月21日 01:57
当選の脈のある候補者はみんな脱原発を唱えるより、むしろ反現政権を謳ったらいいのにと思う。
Posted by at 2014年01月21日 14:10
立候補してから取りやめる事ができるのなら、一本化をぎりぎりまで努力してほしいです。だめなら、私達としては、少しでも当選の望みの有る方に、一票を投じるしかないですね。マスコミが、世論調査結果をきちんと報道できるような、法律に変えてほしいですね。アメリカでは、それが普通で、ぎりぎりまで、有権者は両方の意見を聴き、討論に耳を傾けます。日本のシステムが変ですね。ま、権力側に有利にできているのでしょう。
 一般論としては、水口さんに同意します。
Posted by トビーマム at 2014年01月25日 20:54
宇都宮候補と細川候補を一本化しない、という緑茶会の考えに賛成です。
というより、そもそも一本化というのは、候補者の被選挙権を蹂躙する発想で、イッポンなんて軽い表現に惑わされて、そういう選択肢が広がらないでほしいと思います。
宇都宮候補に対して、「勇気ある撤退を」というコメントを数多く目にしましたが、それは、宇都宮候補の支持者に対して参政権を奪うものですし、宇都宮候補の被選挙権を侵害するものです。そんなことをいう権利は誰にもないと思います。

参政権を獲得してきた歴史を思っても、ある年齢に達すれば、誰でも立候補できるというルールは、崇高で美しいと思います。

もしも票が割れてしまって、今回、脱原発候補が敗れても、都知事は都民140 万人分の署名でリコール運動ができます(計算が合っているかしら?)。鉄が熱いうちに、

Posted by KAGAWA Yoshlko at 2014年01月28日 23:08
今度の選挙で、いろいろ見せて戴いて、宇都宮さんという本当に立派な人がいたんだと、知りました。惚れました。
本当に素晴らしい人が立候補してくれたと、それだけで嬉しく思います。
しかし、その後、噂通り、マスコミで名前の売れた細川氏が脱原発で立候補しました。そして、人気で政治を動かし、私たちに悔しい思いをさせた小泉氏が、又私たちを振り回しています。
すると、脱原発候補を一本化しないと勝てないから、宇都宮さんは立派な人だけれど、細川氏の方が勝てそうだから、辞退しろと、言う人が現れました。
ええ、宇都宮さんにやめろと言ってしまうのか。
細川氏を推す「脱原発知事を実現する会」の記者会見を見ましたが、マスコミに受けて票が集まりそうだからということ以外に、一本にするのに、宇都宮さんではダメで細川氏を選ぶ理由がありませんでした。
「細川さんは原発一本で、宇都宮さんはその他の政策もあるから」みたいな、ひどいこじつけの理由を言っていましたが。
宮台という人は、共産党が付いているからという理由でしたが。
ひどいことですが、政治主義的に判断して、得票力がまるで違うから、人気者を推して、宇都宮さんを深く傷つけても仕方ないという風に見えました。
けれど、ここへ来て、週刊誌の見出しをよそに、細川氏と宇都宮さんは僅差だとか、宇都宮さんの方がリードというような調査結果も出て来ました。
だったら、勝てるからという理由で細川氏を推す理由は消えます。
勝つ為に、本来の当然の我々の、これ以上無い候補、宇都宮さん支援に戻って欲しいです。
勝つ為に、そうして欲しいです。
勝つ為に、政治主義的なまずい決断をしたことを反省して、失敗の責任を取って
勝つ為の行動をして欲しいです。
そうすれば勝てると思います。
そうしないと、かなり厳しい。
勝つ為に、宇都宮さんを傷つけた、あなたたちが、勝つ為のチャンスを潰すことになります。
憲法の人権や、平和や、民衆の生活を大切にする考えを持っていたはずの尊敬できる「文化人」の皆さんが、小泉劇場の舞台で人々の心をもてあそんでいる姿を見るのは、悔しく、悲しいです。
宇都宮さんは言っています。
私たちは弱いから一つに連帯しなくてはいけないんだ。
手を取り合わなくてはだめなんだ。
向こうは経団連なんか、一つになっているのに。
弱い我々が分裂していてはだめなんだ。
Posted by あっチャン at 2014年02月01日 19:54
数を大事に一本化してほしい、水口さんの意見に賛成します。

細川さんと宇都宮さん両氏や両陣営にいろいろ、ご事情あるのでしょうが、今のマスコミ予想(意外と当たる)だと舛添さんリードで勝ってしまったら、もともこもありません。
2歳の息子いますが、この流れで憲法改悪されて、国防軍で戦争に行かされるのは反対です。

今回の都知事選で一本化はもう遅いらしいので、これからは脱原発や改憲反対で同じ主張なら、過去のことや、政党のこと、細かい政策について多少の違いがあってもつながってほしい、『お金で勝てないなら数で勝とう』です。

『足りないところを補い合う』、キレイ事かもしれませんが、そういう発想でいまのこの戦争できる国つくりに終止符を打つことを願います。

得をしようとすると損します、『無私の心』でいると、友達が寄って来ます。
Posted by マルコのママ at 2014年02月04日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。